収入は会社を選ぶ時の重要な要素ですが、収入だけで決めると後悔することになります。同じ仕事をするなら、より収入がいい会社が望ましいという人は多いでしょう。しかし、会社や仕事を楽しく続けるためには、収入だけで考えるべきでない事は明白です。大企業は中小企業に比べて収入が良いのは事実ですが、それだけに社内での仕事の要求レベルや社員間の競争が厳しいのが一般的です。収入のいい仕事は責任が甚大だったり、肉体的な負担が大きかったり、時間外労働が長かったりします。仕事を選択する時には、収入以外にも判断する項目として挙げて、しっかり検討することが大切です。自分のできることややりたいことと、会社の求めてくる内容が一致しているかどうかや、自分の成長を助けてくれるような会社の方針になっているか、自分の将来設計と会社の方向性が合致しているかなどが大事です。自分の適性に合わない仕事や、思うようにできない仕事、理不尽や不満の多い仕事では、収入が高くても対価が釣り合わないと感じるようになります。就職や転職に際しては、仕事の要素を列挙して、理想とするレベルと許容できるレベルのどのあたりにあるか整理してみましょう。いまは非常に求人数が増えており、就職しやすく数多くの中から選択できる状態にあります。仕事に対して、収入の他にどんな条件をつけるべきか、きちんと決めた上で求人を吟味するようにしましょう。就職や転職を考える場合には、収入は大切な要素ですが、収入だけのウエートを大きく考えすぎない事が大切です。